ロイヤルウッド株式会社  展示場一覧

中部圏を中心としたロイヤルウッドのモデルハウス展示場について紹介します。

木材住宅のメリット

   

木材住宅に住みたいと思う人もよくいるものの、不安もあるからRC造の方が良いという人もいます。木材でできていることのメリットとしてよく掲げられるのが自然の優しさを伝えられることです。ロイヤルウッドの設計力と建築力が生み出しているオーガニックハウスは自然の美しさを感じられるデザインになっています。

木には金属やコンクリートのような冷たさはなく、外気に応じて適切な温かさを与えてくれるでしょう。自然な柔らかさも持っているため、触れていて心地よいという印象を受けやすいのが特徴です。木目の美しさや木材の色調は心を穏やかにさせるものと感じられる人も多いでしょう。精神的な面からのメリットが大きいのは木材住宅の特徴ですが、性能面からも優れている点があります。

調湿効果が高いのは木材の特徴であり、木が適度い湿度を吸収したり放出したりできるという性質を持っているからこそ成しうる業です。湿度が適切に保たれることによってカビが発生しにくくなるだけでなく、屋内を快適に保つことができるでしょう。ロイヤルウッドの木材住宅に用いられている米ヒバ材は防腐性が高いだけでなく、防カビ性や防虫性も備えています。化学物質によって予防を行わなくても建材が腐ってしまったり、ダニやシロアリなどが発生してしまったりすることはないでしょう。このような形で安全に良好な環境を作ることができるメリットがあります。

それに加えて、通常はデメリットと呼ばれるような点もロイヤルウッドの木材住宅であればむしろメリットと呼べるほどに改善されています。木材住宅は耐久性や耐震性などが低くて長く住むのは難しいと言われていますが、近年の建築技術の向上によって十分な耐久性や耐震性がある住宅を建てられるようになっているのが現状です。建材や工法に工夫をする必要がありますが、米ヒバを用いてFG工法による施工を行っているロイヤルウッドであればその心配はないでしょう。

燃えやすいというのも木材の問題点とされがちですが、実は芯まで燃やそうとしても簡単には燃えないのが木材であり、熱による変形も受けにくいことからよほどの大火事でなければ火災によって住居が失われてしまうことはありません。強度でも耐火性でも安心できるのが木材であり、技術力の向上によって鉄骨などとは異なる形でメリットが多くなっています。建材も比較的安いため、安価に家を建てられることもメリット言えるでしょう。"

 - 最近の投稿